採用

3DCG制作体制

3DCG制作事業は緩やかな分業制を敷いており、
キャラクターアニメーション、エフェクトとそれ以外で大別しています。

■3DCGデザイナー
モデル、UV、テクスチャ、質感、リグ、ライティング、レンダリング

スタッフごとに得手不得手が分かれるものの、
キャラ、背景、リグ等、幅広く制作しています。
近年はゲームアセット制作が主な作業のため、
ライティング、レンダリングは少ないです。

PS5、Switch、スマホ向けのモデル制作が主な作業です。

スマホ案件もマルチプラットフォーム、ハイエンド化が進み、
今後、当社でも、キャラモデラー、背景モデラー、リガー等、
分業化が広がる可能性があるかも知れません。

■3DCGアニメーター
キャラクターアニメーション

スタッフごとに得手不得手が分かれるものの、
インゲームモーション・カットシーン等、
幅広く制作しています。

PS4、5、Switch向けのインゲーム、カットシーン制作が主な作業ですが、
遊技機のカットシーン制作も行っています。

■3DCGエフェクトデザイナー
エフェクト

PS4向けのUEエフェクト制作、
スマホ向けのUnityエフェクトが主な作業です。
いずれにおいても、多種多様なクライアント、案件があり、
様々なDCCツールに触れる機会が多く、アセット制作の
スキル、経験が身につきます。

仕様が固まっており、制作がメインです。
基本内製のため、外注管理・回収作業等はほぼありません。

新卒社員、入社1月経過しました

こんにちは、細村です。
5月も半ばを過ぎ、ディレクションシーズに入社した
新卒社員も、GWを挟んで入社1か月が経過しました。
今年は、2DCGデザイナー1名のみの入社でしたが、
いまは、研修の項目を着実にこなしながら
様々なデザインや表現の勉強をしています。
社会人になって初めて知ることや、
学生時代とはツールの使い方、機能が違うことなど
戸惑ったり学んだりすることが多々ありますが、
周囲の元・新卒社員な先輩たちに助けられながら成長しています。
近日中に、新入社員インタビューを掲載しますので
ディレクションシーズの新卒採用や研修に興味のある方は、
是非ご覧ください。
また、研修で作成したものも、発表させていただきます。
新卒採用や中途採用など、ご興味をお持ちの方は、
Webサイトもご覧ください。
https://www.d-seeds.com/recruit

それではまた!

3DCG制作、DCCツール

3DCG制作、DCCツールの紹介です。

■モデル
Maya、3dsMax ※Mayaが9割
Zbrush
Substance Painter
Photoshop

ゲーム案件の場合、9割がMayaです。

コンシューマーではSubstance Painterが
標準ツールになりつつあるように感じます。

当社でZbrushの使用頻度はそれほど高くありません。

Unity、UE等のゲーム環境下でのモデルチェックが
少しずつ増えてきた印象です。

■アニメーション
Maya、3dsMax ※Mayaが9割
Motion Builder

ゲーム案件の場合、9割がMayaです。

カットシーン等、モーションキャプチャー、長尺、多人数の場合、
モーキャプデータの流し込み、レイアウト、ボディまではMB。
フェイシャル、揺れものはMayaの場合もあります。

国内のTVアニメは3dsMaxがメインツールのため、
Max、Pencil+、AEの組み合わせが多いです。

■エフェクト
Maya、3dsMax
Photoshop
Unity、UE

スマホはUnity、コンシューマーはUEが多いです。

武器、アイテム等のモデルはMaya、テクスチャはPhotoshop、
パーティクルはUnity、UE等です。

ゲームエンジンを使った作業がメインとなります。

ただ、エフェクトを除き、ゲームエンジンに詳しくなるより、

まずはモデル、アニメーション単体でクオリティを出せる方が
望ましいように思います。

また、Blenderを案件で使用した実績はありません。

ディレクションシーズ募集要項 

その他の記事はこちら

3DCGデザイナー選考
3DCGデザイナー応募作品
3DCG制作体制

3DCGデザイナー応募作品

応募作品を拝見する中でいくつか傾向を感じることがあります。

モデリング志望の場合、アニメーション、エフェクト志望に比べ、
作品点数が多く、完成度が高いです。

3DCGデザイナー応募作品、モデル編 はこちら

恐らく、3DCG学習は当初ツール操作方法から始まり、モデル、
アニメーションと、大きく通しで触れる感じのカリキュラムを
行うように思います。

通しで触れてみた結果、アニメーション、エフェクトの方が好き・
向いている・目指そう!となっているから、作成の時間が足りない
かも知れません。

3DCGは学ぶことが多いため、早い時期から何がやりたい、
向いている、具体的に何を志すか、が固まっていないと厳しい
感じがします。

特に2年制だと、やっと慣れてきた頃くらいに就活が始まって
しまいますね。

方向性が固まっている場合、アニメーター志望の方であれば、
フリーのリグ付きデータで作品をたくさん作成されたりすると
良いのではないでしょうか。

とても参考になります。

エフェクトデザイナー志望の方は見栄えするキャラアニメの
データを準備して、エフェクトを付けてみたりでしょうか。

デジハリさんの最終課題作品

チュートリアルが豊富です。

https://www.youtube.com/watch?v=QiG6xs-rLvA

モデル含め、いずれの場合も模写中心であれば、
時間節約、目も良くなり、腕が上がるはずです。

ディレクションシーズ募集要項 

その他の記事はこちら

3DCGデザイナー選考
3DCG制作体制
3DCG制作、DCCツール

デザイナー社会人生活

当社社員のデータです。

社員全体の7割をデザイナーが占めており、
3DCGデザイナーは7割のうちの半数程です。
※アニメーター、エフェクトデザイナー含む

2018年からデザイナー新卒採用を本格的に行っています。
神奈川、東京、埼玉の出身者が多数を占めますが、
岐阜、大阪、岡山、愛媛等の出身者も多いです。

その場合、就職時に引っ越すことになりますが、
以下3つが選ばれることが多いです。

・会社(川崎駅)近隣
・東京
・横浜

川崎駅から少し離れた会社徒歩圏内の1Kの
マンションだと相場は7万円前後です。

東京はやや高く、横浜はやや安くなる傾向です。

新卒は手取りが20万円前後、家賃が7万円、